ソリューションフォーカスアプローチとは アンガーマネジメント

SFアプローチについて

アンガーマネジメントを理解するにあたり、ソリューションフォーカスアプローチという考え方がとても大切です。

 

ソリューションフォーカスアプローチとは簡単にいうと解決志向のことを意味しており、あとから沸いてくる「思い出し怒り」をコントロールするためにとても重要です。

 

思い出し怒りというのは、過去にあったイライラを現在にまで引きずっていて、思い出すたびにイライラしてしまい、感情的になったり不機嫌になったりしてしまうことを言います。

 

解決志向は、過去は変えられないという事実を受け入れ、今やれること出来ることに集中するということです。

 

具体的な効果

この解決志向の考え方を持つと、過去にとらわれるよりも、どうすればこれから先が良くなっていくのかを考えるようになり、なりたい理想と現実のギャップを埋めるために努力することができます。

 

解決志向をもち、それが良い方向に向かえば過去にあったイライラなどというものはすっかり忘れてしまうのです。

 

このソリューションフォーカスアプローチという解決志向の考え方は、アンガーマネジメントの基本ともいえる考え方です。イライラすることがあるのは当たり前なことですので、それを悪いことだと思うことはやめてイライラをプラスに変えることに意識を向けていきましょう。

スポンサーリンク

ソリューションフォーカスアプローチとアンガーマネジメント関連ページ

メリット
アンガーマネジメントを行なうことで得られるメリットをご紹介します。自信やモチベーションアップなど。
歴史
近年、日本でも注目を集めているアンガーマネジメント。その歴史についてご紹介します。