アンガーマネジメント 歴史

アンガーマネジメントの歴史について

日本ではまだあまり浸透していないアンガーマネジメントは、どのようにして生まれたのか?

 

知っている人はまだ少ないかと思います。

 

その歴史はそこまで長いものではなく、1970年代のアメリカで開発されたもので、怒りの感情と上手に付き合うための感情理解のためのものでした。

 

開発当初はドメスティックバイオレンスや差別、軽犯罪者への矯正プログラムのためのものでしたが、現在ではアメリカ全土の教育機関や企業でも導入されています。

 

教育や職場の環境改善、学習、業務パフォーマンスの向上のために長年活用されています。職場の環境をアンガーマネジメントの活用により改善していくことで、人間関係の円滑化や、生産性の向上に効果をあげています。

 

日本でも、注目が集まってきており、教育機関や企業研修でも取り入れられるところも出てきました。

 

現在の日本では、軽犯罪も増えてきており、「イライラしたから」という軽率な理由で簡単に犯罪を起こしてしまう若者も増えてきていますので、アンガーマネジメントはこれからの日本にはとても大事なこととなっていくでしょう。

 

日本にとってはまだ浅い歴史ではありますが、これから先の時代イライラをコントロールするアンガーマネジメントを取り入れる教育機関や企業が増えることは確実だと思います。

スポンサーリンク

アンガーマネジメントの歴史関連ページ

メリット
アンガーマネジメントを行なうことで得られるメリットをご紹介します。自信やモチベーションアップなど。
SFアプローチとは?
SFアプローチ(ソリューション・フォーカス・アプローチ)とアンガーマネジメントについてご紹介します。