呼吸 怒り アンガーマネジメント 深呼吸

深呼吸で怒りを抑える方法

自分がイライラしていると感じたら深呼吸をしてみてください。だんだんと気持ちが落ち着いてくることがわかるでしょう。

 

深呼吸をすることにより、副交感神経が働いてリラックスすることができるのです。

 

イライラしているときは、呼吸が浅く早くなっていますので、意識的に深く呼吸をすることが大切です。

 

怒りを感じたら鼻から大きく息を吸いいったん止めて、口からゆっくりと息を吐いていきます。4秒吸って8秒で吐き出すというのを意識して、2〜3回行いましょう。

 

呼吸を意識することの重要性

浅く早い呼吸のままでは怒りは持続してしまい、そのことでイライラしている時間も長くなってしまいますし、そこから新たな怒りが生まれてしまうこともあります。

 

イライラしている時間は自分自身にとっても、周りの人たちにとっても無駄な時間です。職場であれば、イライラしている時間は特に無駄であり、それに時間を費やすよりも利益につながるようなことをするほうが有益です。

 

深呼吸を数回するだけで、イライラが収まり仕事への支障も抑えられることができるアンガーマネジメントは、習得する前には努力も必要ですが、身に着けてしまえば自分自身がとても楽になります。

 

まずはイライラしたら深呼吸を心掛けるところからスタートするのも良いでしょう。

スポンサーリンク

アンガーマネジメント|深呼吸で怒りを抑える関連ページ

6秒ルール
アンガーマネジメントの6秒ルールについてご紹介します。怒りのピークである6秒をやり過ごすための方法「カウントバック」のやり方など。
ポジティブセルフトーク
イライラをプラスの感情に持っていく「ポジティブセルフトーク」という方法をご紹介します。