ポジティブセルフトーク

ポジティブセルフトークについて

怒りや憤りを感じてイライラしているときは、「あいつが悪い」「どうしてこうなったのだ」などというマイナスな感情が芽生えてしまいます。

 

それはイライラを増長させるだけですので、そんなときはイライラをプラスの感情に持っていくことが大切です。そのことをポジティブセルフトークと呼びます。

 

具体的な例

怒りを感じた時には、自分自信を勇気づけて励ますのです。

 

イライラすることがあったら「自分の器を広げるチャンスだ!」と自分を励まし、自分の成長の糧にすることで、「イライラも悪いことではない」と思うようにしましょう。

 

重圧を感じたときなどに不安からイライラすることもあると思いますが、それは「自分の心を強くするのだ!」と考えることです。

 

イライラをプラスに変える

イライラしても、それをプラスのエネルギーに変えることで自分自身がとても楽になりますし、怒りを自分のモチベーションに変えて成長していくことができます。

 

「きっとうまくいく」と信じることが大切で、イライラしていても何も始まらないことを理解し、周りを変えようとせず、自分の考え方を変えることで、イライラが治まり、周りの環境までもが変化していきます。

 

環境を変えるためには自分自身が意識を変えることが必要なのです。そのためには自分を勇気づけ、励ますポジティブセルフトークを心掛けてみましょう。

スポンサーリンク

ポジティブセルフトークとは?関連ページ

6秒ルール
アンガーマネジメントの6秒ルールについてご紹介します。怒りのピークである6秒をやり過ごすための方法「カウントバック」のやり方など。
効果的な呼吸法
深呼吸で怒りを抑える方法をご紹介します。アンガーマネジメントと呼吸についてなど。