自分 性格 知る 分析 怒りっぽい キレやすい

自分の性格を分析することの重要性

自分の性格を100%わかっているという人はいませんし、わかっているつもりでも第三者から見なければ理解しきれていない面もあります。

 

自分の性格を知ることは、アンガーマネジメントを行なうためにとも必要なことです。

 

自分のことを「怒りっぽい・キレやすい」と思っていても、どんなときに怒りに火が着くのかをわかっていなければ改善することはできません。まずは自分自身を分析してみることから始めましょう。

 

怒りやすい性格の人は不安症の傾向があり、自分の中にある不安なことを怒りに置き換えて、自分を守ろうとしています。それは自分の性格がわかっていないからであり、自分の性格をよく知り、自分自身を愛せるようになることで自信が持てるようになります。

 

自分の性格を知るヒント

自分が何を求めているのか、何にこだわっているのかなど、自分らしさを分析してみましょう。

 

そして、自分が好きなもの嫌いなもの、いつもの行動を把握し、周りの人たちと関わることで自分の性格が見えてきます。

 

その中で、自分に今できることを一生懸命、精いっぱいしていけば、自ずと自分に自信が持てるようになり、不安も解消されていくので怒る必要もなくなっていきます。

 

何より誰かを許せないことで一番苦しい思いをしているのは自分自身です。人を許すということは自分を愛することでもあるのです。

スポンサーリンク

自分の性格を知る・分析する|怒りっぽい・キレやすい関連ページ

アンガーログの書き方
アンガーマネジメントでは、自分が怒った記録をつけることをアンガーログと呼びます。アンガーログの書き方など。