リフレーミング やり方

リフレーミングについて

自分のコアビリーフを修正する方法としてリフレーミングというやり方があります。

 

この方法は、自分のコアビリーフ(こうあるべきという価値観)に対して反論となる質問を自分にしてみるというものです。

コアビリーフとは?

 

リフレーミングのやり方

自分が当たり前だと思っていることでも、他の人にとっては当たり前ではないことは当然のようにあります。

 

例えば、自分は「わからないことは相手に聞けばいい」と思っていても、相手は「そんな当たり前のことなど聞くべきではない」と思っているかもしれません。

 

この場合の自分のコアビリーフに対するリフレーミング(反論となる質問)は、「本当に聞かなければわからないことだったのか?」「考える努力をするべきではなかったのか?」になります。

 

リフレーミングの効果

自分だけの意見や考え方にだけに固執していると、他の意見や考え方を受け入れることができずにイライラしてしまいます。

 

リフレーミングを自分に投げかけることで、自分自身のコアビリーフに縛られることなく他方的な考え方を身に着けることができます。中立的な立場になって考えることができようになり、相手の考えを自分の中で消化し、自分以外も受け入れるようになれるのです。

 

相手を受け入れられるということは、自分をも受け入れるということです。そうすることで心に余裕が生まれ、今よりものびのびと生きていくことができるでしょう。

スポンサーリンク

リフレーミングのやり方関連ページ

認知行動療法
アンガーマネジメントと認知行動療法についてご紹介します。実践法など。
アサーティブになる方法
アサーティブとは、伝え上手という意味。このページではアサーティブになる具体的な方法について掲載しています。