アサーティブになる方法

アサーティブとは?

アサーティブとは、伝え上手であるという意味です。

 

相手に何か意見を言いたいときにお互いにイライラしないためには、アサーティブに伝える必要があります。

 

自分の意見を言うときには、ついつい押し付けるような言い方になってしまい、相手に嫌な気分にさせてしまうことや、喧嘩になってしまうことも多々あります。

 

しかしそんな場面で、上手に自分の意見を伝えれば、お互いにスッキリと話し合いができるようになり、物事もスムーズに進むでしょう。

 

アサーティブになる方法について

確かにすぐにできるようになるものでもありませんが、アサーティブになる方法はあります。

 

自分の思い、本当に思っていることを素直に正直に伝えることはもちろん大切なのですが、より重要なのは伝え方です。

 

「どうして約束を破ったのか?」と責めるのではなく「私は楽しみにしていたのに、とても悲しかった」など約束を破ったことを主体にするのではなく、それをされたことに対して自分がどう感じたのかをはっきりと伝えてください。

 

どんなことが自分を傷つけたのか、何が嫌だったのかを素直に必要なことだけ伝えてみましょう。

 

いきなり素直になることは難しいので、鏡の前に立ち、まずは自分自身に思っていることを話すことから始めてみてください。どんな言葉で相手が不快に思うのか、怒ってしまうのかが、鏡の中の自分に話しかけているうちにわかってきます。ポイントは相手の顔をつぶさないことです。

スポンサーリンク

アサーティブになる方法関連ページ

認知行動療法
アンガーマネジメントと認知行動療法についてご紹介します。実践法など。
リフレーミング
自分のコアビリーフを修正するリフレーミングのやり方をご紹介します。リフレーミングの効果など。